未解決事件|世界不思議事件|凶悪事件まとめ


新宿駅西口バスターミナルで停車中のバスが放火された凶悪事件。

1980年8月19日21時すぎ、発車待ちのため停車中だった京王帝都電鉄が運営するバスに男が後部ドアからガソリンと火のついた新聞紙を放り投げ一瞬で炎上する。

バスは燃え上がり、火の海となった。これにより、6人が死亡、14人が重軽傷を負った。

犯人は丸山博文(まるやまひろふみ)38歳であった。丸山は建設作業員として働き全国各地を転々としていた。

【新宿西口バス放火事件】の続きを読む

「自分は人体実験された」という勝手な妄想を抱き、医師を射殺した凶悪事件。

1994年10月25日、東京都品川区の青物横丁駅で47歳の医師が拳銃で撃たれるという事件が起きた。

犯人は野本正巳(のもとまさみ)36歳であった。犯行後、野本は都内のホテルを転々とした。そのホテル内のテレビで事件の報道内容に不満を感じ、テレビ局などに電話をかけ出頭する可能性があることをほのめかしたのであった。

【青物横丁医師射殺事件】の続きを読む

殺害された小学生の遺体のそばに「てるくはのる」の犯行声明文を置いた事件。

1999年12月21日、京都市伏見区の日野小学校に覆面をした男が侵入し、校庭で遊んでいた小学2年生を包丁で刺し逃走した。

犯行現場にはナイフなどの凶器のほか、「てるくはのる」と書かれた犯行声明文などが置かれていた。

警察は、犯行声明文に書かれた「てるくはのる」の謎めいた文の意味を解読しようとした。

【京都小学生殺害事件】の続きを読む

自殺願望の女性が、安楽死サイトから青酸カリを入手し自殺した事件。

1998年12月12日、被害者の女性(24歳)の自宅に青酸カリのカプセルが配達され、服用した女性がその後死亡した。

通報を受けた警察が送り主を調べたところ、宅配便の伝票には「草壁竜次」という名前とPHSの番号が書かれていた。

【ドクター・キリコ事件】の続きを読む

いじめを受けた少年が学校で殴打事件を起こした事件。

2000年6月21日、岡山県内の高校の野球部に所属する少年が、部員4人をバットで殴りつけそのまま逃走した。

自宅に戻った少年は、居間でテレビを見ていた母親にもバットで殴りかかったのである。殴られた母親は即死であった。

【岡山金属バット母親殺害事件】の続きを読む

中学生を拉致監禁したあげく、暴行殺害した凶悪事件。

1996年6月21日、沖縄県名護市の農道で下校中の女子中学3年生を柳末盛(38歳)と上野勝(37歳)が、ワゴン車に乗せ拉致監禁する。

その後2人は、路上でこの女子中学生を強姦する。女子中学生の財布から200円を奪い、顔を数回殴り殺害する。
【沖縄女子中学生強姦殺人事件】の続きを読む

被害者宅の風呂覗きの疑いをかけられた少年が逆恨みし、一家を殺害した事件。

2000年8月14日、大分県野津町に住む農家の一家が刺される事件がおきた。一家6人の内、3人が死亡2人が重傷16歳の長女は軽傷であった。

犯人は、隣に住む高校1年生16歳の少年Aであった。

事件の一週間前、被害者一家の65歳の祖父が、少年Aの家に「少年Aがうちの風呂場を覗いている」と注意しにきた。

【大分一家6人殺傷事件】の続きを読む

愛人に偽装結婚させ、その相手に大量の風邪薬と酒を飲ませ殺害する凶悪事件。

1999年5月、元パチンコ店員の61歳男性と元塗装工41歳男性が風邪薬と酒を大量に飲ませられ緊急入院した。

2人には、偽装結婚したホステスが受取人となっている保険金約10億円がかけられていた。

黒幕は、このホステスの愛人に関係にあった地元の金融業者八木茂(やぎしげる)50歳であった。

【本庄保険金殺人事件】の続きを読む

母親が自分の子供を殺害しゴミ袋に入れ捨てるという残虐極まりない事件。

2001年8月13日、兵庫県尼崎市の運河で黒いポリ袋に入れられた男児遺体が発見された。

この遺体は、尼崎市内の小学校1年生の男児(6歳)と判明した。この男児の体には、無数の虐待の跡があった。

犯人は、この子の母親の勢田知子(24歳)と義父の勢田剛士(24歳)であった。

【尼崎児童虐待死事件】の続きを読む

女子大生を強姦し灯油をかけて殺害した凶悪事件。

2002年1月23日午前2時頃、犯人の服部純也(はっとりじゅんや)30歳は静岡県三島市市内で帰宅途中の女子大生Sさんに声をかける。

しかし、Sさんに無視をされ激昴した服部はSさんを自分の車に連れ込み監禁し、強姦する。

【三島女子短大生焼殺事件】の続きを読む

このページのトップヘ