全米各地で報告されているという、「黒い目の子供たち」に関する不気味な事件をご存知だろうか。

その名の通り、これらの事件は共通して白目の部分が見当たらないほど黒目の大きな子供たちが引き起こすもので、彼らは、一見普通の10代の容貌だという。

突然、車の前に立っては「乗せて欲しい」と言ってきたり、他人の家に入ろうとするそうだ。


そのときの物腰は穏やかなのだが、これを拒否しようとすると、突然烈火のごとく怒り出すというから不気味なことこの上ない。

人々は、彼らを時に「エイリアンチルドレン」とも呼んでいるという。

彼らが最初に目撃されたのは、1998年のこと。

ジャーナリストのブライアン・ベテルという男性が、自分の愛車を停めていた駐車場で、2人組の不審な子供たちと遭遇している。

瞳は真っ黒で、見る限りでは異常な雰囲気を醸し出していたという。

当然のように乗車を拒否すると、彼らは一斉にドアに走りより、強引に乗り込もうとしたそうだ。

2008年には、カンザス州でも目撃されている。

ハッチンソンの郊外で、やはり2人組の黒い目の子供が出没。

女性が一人で暮らしている家の周囲を物色し、何度も侵入を試みたという。

これを咎めると、子供たちは悪態をつきながら何処かに消えていったという。

一体、この子供たちは何処からやってきたのだろうか。