1968年12月10日は土砂降りの雨だった。

大手電機メーカー工場の従業員のボーナス約3億円を3個のジュラルミンケースに分けて積んだ現金輸送車は、府中刑務所北側の路上で後を追ってきた白バイの警官に止められた。

白バイの警官は爆発物らしき物を発見したと告げ、行員たちを車外へ避難させた。
警官は運転席に乗りこみそのまま走り去った…。唖然と見送る行員たち。
いとも簡単に、まんまと3億円を奪われてしまったのである。
1975年12月に時効が成立。戦後最大のミステリーとされる。

わずか2分間の出来事

9時20分、現金輸送車が府中刑務所の裏手にさしかかり、府中工場まであと200mという地点で、後ろから一台の白バイが近づいてきた。
白バイ隊員は車の前方にまわると、右手を挙げて、止まれの合図を送った。
「車にダイナマイトが仕掛けてあるので、シートの下を見せてください」
「昨日車のカギはちゃんとかけたからそんなものがあるはずありません」
「じゃあ車の下かもしれない。あったぞ!ダイナマイトだ!爆発するぞ!」と叫んだ。
4日前の6日、爆破の脅迫状が事務所に届いていたこともあり、すっかり信用してしまった4人はあわてて、キーを差したまま車外へ出た。
警官は車の下にもぐり点検を始めると、やがて白い煙が巻き上がり、赤い炎が見えた。
そして、警官は運転席に乗りこみ、そのまま車を発車させた。この間わずか2分間の出来事であった。
当初、行員ら4人は爆発物から退避させるために車を遠くに移動させてくれていると思い、その様子をブロック塀やゴミ箱の陰に隠れて見ていた。
15分後、白い煙が下火となり、行員らは燃えていたのは発煙筒だったことに気づいて、現金が持ち去られたと支店に電話連絡した。
ただ混乱しているなかでの連絡だったため、110番通報を要請したものではなく、「爆発騒ぎがあって、検問を受けた」という内容だった。

9時31分、現金輸送車が検問を受けたと聞いた支店次長は、すぐに警察通報。
また現場近くの通行人や、府中刑務所の職員などからも通報がいき、警察が事件を認識したのは9時35分だった。この連絡の遅れが、犯人を取り逃がす致命的な点となった。

大包囲網

「犯人は18~25、6歳。身長165~167cm。革ジャンパーに白ヘルメット、奪われた車は国産車の39年型、ナンバーは多摩5-は-6648。車内に現金入りジュラルミン製トランク3個あり。車両を停めて検問せよ」
パトカー631台、署員約9500人の他に、機動隊なども含めて計約13,000人体制の大包囲網が敷かれた。
主な道路は封鎖され、通行中の全車両を止めて検問。大渋滞が発生した。
特に調べられたのは国産車の39年型と、トラックやライトバンだったが、午前10時18分頃、国分寺跡で乗り捨てられた輸送車が見つかり、男は車を乗り換えていたことがわかった。

失態

警察はなぜか翌日の朝刊に、3億円のうち唯一番号がわかっていた500円札2000枚のナンバーを公表した。
当然この後このお札が出てくるはずがない。これは犯人逮捕を楽観視したための失態と言われている。

大量の遺留品

遺留品の数は153点。しかし遺留品のほとんどはどこでも手に入る物ばかりで決め手にはならなかった。犯行に使われた車は盗難車だった。

第1現場:府中刑務所裏
府中刑務所裏の通称・学園通りの路上には「ニセ白バイ」「カバーの緑のシート」「ハンチング」「発煙筒の燃えかす」が残されていた。

第2現場:武蔵国分寺跡のクヌギ林
午前10時18分、現場から1.3km北の国分寺市西元町の武蔵国分寺跡で、現金輸送車が乗り捨てられているのが見つかる。

第3現場:明星学園高校近くの空地
府中工場方面に向かう途中の脇道にある空地で、見張り用と見られる「緑色のカローラ」が見つかる。
通報した主婦によると、午前9時10分頃、空地の前を通った時に、エンジンをかけっぱなしにしてシートをかぶせられた見かけないオートバイがあるのに気づいた。
10時過ぎに再び空地を見ると、今度はワイパーが動きっぱなしとなったカローラが停まっていたのだという。
車の他には警察の格好を隠すための「濃紺のレインコート」「白いペンキ片」などがあった。カローラは11月末~12月初めに日野市平山の料理店の前で盗難されていたものだった。

第4現場:小金井市本町団地駐車場
事件から4ヵ月ほど経った69年4月9日、小金井市本町団地の駐車場で、緑色のシートをかぶせられた「43年型の紺色の小型国産車」と「ジュラルミンの空トランク3個」を、
自動車セールスマンが見つけた。この車は12月5、6日に日野市多摩平の団地で盗まれていたもの、シートは9月に府中市晴見町の団地で盗まれたものだった。
ジュラルミンケース内には親指大の泥がついていた。この泥は国分寺のものと似ており、樹齢20年以上の大きなケヤキのある場所だとされた。

目撃者たち

犯行の一部始終を見ていたのは行員たちだけではなかった。
現金輸送車の後ろを走っていたトラックの運転手、対向車線を走っていた自衛隊の車両、タクシーで通勤途中だったOL、府中刑務所の監視塔にいた職員にその姿を目撃されている。
トラック運転手と自衛官は車内の消火器を持って駆けつけようとしたが、「爆発する」と聞かされ、引き返している。
当時の状況を振りかえっても、皆がパニック状態だったため、誰もあやふやにしか覚えていなかったが、刑務所の職員だけは当時の様子を鮮明に思い返した。
9時29分頃、逃走中の犯人の車は国分寺市西元町3丁目で3人の主婦に泥水をかけている。
泥をはねられた主婦の1人はナンバーを控えて9時32分に通報した。
  9時32分頃、同町のT字路で農家親子が「濃紺のカローラ」とぶつかりそうになる。
犯人は近くの国分寺跡の林で現金輸送車を降り、あらかじめ停めておいた濃紺のカローラにジュラルミンケースを詰み、乗り換えていたのである。

このように犯人は逃走途中に多くの人に目撃されていたが、いずれも雨に濡れたガラス越しで、顔はハッキリとはわからなかった。
犯人はボーナス支給のこの日を狙っていたから、雨は予想外だったかもしれないが、結果的には雨すらも犯人の助けとなっていた。

そして第4現場である小金井市の本町団地で、トランクから現金を抜きとり、姿を消した。それ以降の動きはわかっていない。

自殺した少年

事件の5日後、国分寺市の自宅で青酸カリを飲んで自殺した少年がいた。
名前はS(当時19歳)といい、彼は窃盗を繰り返す60人の非行少年グループのリーダー格だった。
Sは自殺前から容疑者としてマークされていた。
まず、現場で目撃された犯人の人相と体格が似ていたことや、車やオートバイ窃盗の常習者であったこと、運転技術が抜群であったこと、父親が白バイ隊員であるため、日頃から白バイを見慣れていたことが挙げられた。

事件の9ヵ月前、Sの仲間が立川市のスーパーを発煙筒で襲撃し、レジから10数万円を盗むという事件を起こしていた。
S自身も強盗で執行猶予付きの有罪判決を受け、恐喝罪で練馬の鑑別所に入っていた。
Sは他にも立川競輪場を襲撃する計画をたて「次は高校か銀行の現金輸送車を襲おう」と仲間に話していたというのである。

12月15日、恐喝容疑で逮捕状をとっていた立川警察署の刑事が家を訪れると、この時は父親が不在で、母親が応対した。
2階の部屋ではレコードの音が聞こえており、Sがいることは間違いないように思えたが、母親は「Sはいない」と答え、刑事たちは引きあげた。
Sが亡くなったのはその夜である。

時効直前の出来事

時効直前の75年11月15日、Sの仲間だった男(事件当時18歳)が別件で逮捕された。
この男は事件後、代々木のマンションに住み、高級外車を乗り回すなど、羽振りが良かったためである。
この金はビジネスで得たものとわかったが、それ以前の金の出所について取り調べると、泣き出し、自傷行為を繰り返したという。そして、時間がせまり、取調べは打ち切られた。

7年間で投入された捜査員は述べ10万1850人、捜査費用は約9億9000万円、捜査の対象となった容疑者は118,000人。

同年12月9日、時効が成立した。この日も事件当日と同じく雨だった。