中1少女をいたずら目的で監禁した凶悪事件。

2001年7月24日午後10時半ごろ、神戸市の中国自動車道下り線の路肩に頭から血を流している人の体を通りがかったトラックのドライバーが発見する。

ドライバーが車を止め、放置されていた体に近寄ると血まみれの少女が両手に手錠をかけて横たわっていた。


ドライバーが携帯電話で警察へ通報しようとした時、後ろから走ってきたトラックがこの少女を轢き、トラックはそのまま逃走してしまう。

少女はトラックに轢かれたことによる大量失血により、その後死亡してしまう。

少女は大阪市の中学1年生であった。少女は日頃から頻繁に父親から虐待を受け、児童養護施設で暮らしていた。

友人によるとこの少女は小学5年の時から、テレクラで援助交際をしていたという。事件前も友人に「若い男とこれから会う」と話していたという。

犯人は福本謙(ふくもとけん)34歳である。福本は兵庫県の中学教師であった。福本は、事件当夜、この少女と知り合い、車の中でこの少女に暴行をし催涙スプレーをかけた。

手錠をかけ、この少女に逃げられないようにしていたが、車を走行中に突然この少女が路肩に飛び降りたという。

2002年3月、福本の刑事責任は重いとされ、神戸地裁は懲役6年の刑を言い渡した。