戦前に起きた悲惨な事件である。一人の男がたった約一時間半の間に村人約30人を殺害した事件。

1938年(昭和13年)5月21日深夜、岡山県津山市の山村の集落で一人の男が次々と村人を殺していった。

犯人は都井睦雄(といむつお)22歳であった。都井は元々体が弱く、徴兵にも不合格となっていた。

徴兵不合格になってしまうと、この頃は村中から冷たい目で見られるようになってしまう時代であった。


そのため、都井は日頃から村人から相手にされなかったため、不満を抱いていたのではないかとされている。

その割には性欲は旺盛で、複数の村人の女と関係を持っていたようである。

都井が犯行を決意したのは、以前自分と関係を持った女性が他の男性に嫁ぎ、この村に帰ってきたからだといわれている。

いわゆる嫉妬心からこのような凶悪事件を決意したのである。

日本刀や拳銃を集め、都井は事件当夜電柱に登り、この村を停電状態に落とし入れてから犯行に及ぶ。

都井は次々と村人の家に押し入り、銃などで人を殺していき、約一時間半の間に30人の村人を殺す。

殺害後、都井は山へ登り自分が持っていた拳銃で心臓を撃ち抜き自殺をする。