未解決事件|世界不思議事件|凶悪事件まとめ


カテゴリ: 未解決事件

2011年7月5日に、親族が連絡が取れなくなったため、小樽署員らと一緒に北海道小樽市富岡1丁目の10階建てマンションの3階の一室にある1人暮らしの被害者宅を訪れたところ、血を流して倒れている被害者の姿が発見されて事件が発覚した。死後数日が経過していて首や胸など数10カ所を刃物で刺されていた。

これがのちに「小樽資産家女性殺人事件」と呼ばれる事件の発端であった。

2011年7月1日から2日にかけて殺害されたと見られ、小樽署は殺人事件として捜査を開始。
【資産家の死】の続きを読む

2001年5月18日。千葉市若葉区貝塚町に住む、杵渕清さんと妻の郁子さんが消息を絶つという不可解な事件が発生した。

両親と連絡がつかなくなった、留学中の娘の通報で発覚。このとき既に連絡がとれなくなってから数日が経過していたようだ。

郁子さんは5月15日から18日まで仕事を休んでいたが、その理由は「警察の人がくる」というものだった。もちろん、本物の警察官の中に杵渕さん宅を訪れた者はいない。

この警察官は、夫婦に対して「お宅は泥棒に狙われている」と話し、通帳の保管場所などを事細かに聞き出していたことが分かっている。

【偽警官と消えた熟年夫婦】の続きを読む

2008年7月10日午後11時35分頃、大阪市北区曽根崎のコンビニ「am/pm曽根崎2丁目店」で、不審男がアルバイト店員の男女に突然襲い掛かり、首などを隠し持っていたカッターナイフで切りつけ、北の方向に逃走するという事件が発生した。

幸いにも2人はいずれも軽傷であった。店内には約5人の客がいたが、彼らに怪我はなかった。

アルバイト店員の話によると、男はレジを物色したが金品は何も盗らずに立ち去ったと言う。

【嗤う通り魔】の続きを読む

2002年4月、石川県野々市町役場に病死と届けられた加藤善一郎さん(77)の遺体が、全くの別人であったことが発覚するという事件が発生。

さらに大阪府内で頭蓋骨が見つかった、もう1人の人物も、加藤さんの替え玉に仕立てられ、死亡届けを出されていたことが分かった。加藤さんの妻である尹麗娜容疑者が、加藤さんの遺産を不正に相続しようと2人の男性を替え玉にしたことが分かった。

公正証書原本不実記載使用容疑で指名手配されていた容疑者の1人は石川県で逮捕するも、替え玉事件の主犯と見られる尹麗娜容疑者は現在も逃走中。

【金に目の眩んだ女】の続きを読む

2002年6月3日、津山市弥生町の医師の妻、高橋妙子さんが自宅近くで目撃されたのを最後に行方不明となり、同日、夫名義の口座から多額の現金が引き出された。

午後5時過ぎに夫の幸夫さんが帰宅。家には妙子さんの姿はなく、食卓には昼食がそのまま残されていた。

その後、妙子さん本人から「心配いりません 6時ごろには帰ります」という電話があり、同7時過ぎには、「連れ回されている 警察には言わないでください」という伝言が留守番電話に記録されていた。

【パチンコ仲間】の続きを読む

栃木小1女児殺害事件。2005年12月に、栃木県今市市に住む小学1年生の女児が行方不明となり、茨城県常陸大宮市の山林で刺殺体となって発見された忌まわしき事件である。

胸部は他に刺すところが残されていないほど、傷つけられており、捜査関係者も驚くほどの異様さであった。

凶器は刃渡り十センチ強の果物ナイフ様のもので、刺し傷は心臓を中心に十二カ所。有希ちゃんが抵抗できないよう安定した場所に押さえつけ、力を込めて刺したものとみられ、複数の傷が背中に届いていたほか、列をつくるように規則的に並んでいた。

【全身刺突痕だらけの幼女遺体】の続きを読む

2005年12月3日午後3時ごろ、自宅から10km離れた岡谷市の公園で、母親との口論を最後に、行方不明となった堀内少年。

最初は突発的な家出だろうと考えていた両親であったが、諏訪湖近くで行方不明になってから、2週間が経過。

警察庁の統計によると、成人を含めた昨年の失踪件数のうち、6割が2週間以内で無事に見つかっている。

【失踪した男児】の続きを読む

2004年11月30日。浪速区の在日女性がマンション11階から突き落とされ殺害された。

遺体の胸元から腹部にかけて黒いスプレーで「V」の文字が書かれていた。

浪速区のマンション「パークシャトー天王寺」で30日朝、女性が倒れているのを発見されたのが事件の発覚した瞬間である。

女性は全身を強く打ってすでに死亡していたが、11階から突き落とされた後、1階中庭から発見現場の2階まで運び上げられた跡があり、警察は殺人と死体遺棄容疑で調べている。

【謎のVサイン】の続きを読む

2006年10月6日早朝。

長野県警佐久署員が、同県御代田町の会社員・小嶋秀史さん方で、男女3人の遺体を発見した。それも、普通の遺体ではなかった。それぞれの頭部には2、3本ずつ、金属の杭が刺さっていたのである。

遺体は小嶋さんと、長女の高校3年生・由美さん、妻の母・有坂タツ子さんと判明。

自宅などには行方不明の妻が殺害をほのめかしたと見られる遺書めいたメモがあり、当初は妻が事情を知っていると見て捜索していた。

【頭部杭打ち事件】の続きを読む

東京・新宿区歌舞伎町のサンライズビル6階の「クラブヴィーナス」に2001年16日午前2時10分ごろ、中国人とみられる5~6人の男が押し入り、店長の伊藤隆三郎さんの左胸を刺して殺害、売上金など約300万円を奪って逃走した。

男らは伊藤さんを刺した後、客や従業員11人を粘着テープで縛り上げており、ホステス2人も腕などを刺され軽傷を負った。

新宿区役所に近く、飲食客で賑わう、歌舞伎町の繁華街に、戦慄が走った。

【歌舞伎町強盗殺人】の続きを読む

このページのトップヘ